北陸本線

北陸本線(ほくりくほんせん)は、滋賀県米原市の米原駅から新潟県上越市の直江津駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか、日本貨物鉄道(JR貨物)の通称「敦賀港線」とも呼ばれる敦賀駅 - 敦賀港駅間の貨物支線を持つ。概要滋賀県湖東地区の米原市から北上し、北陸地方の福井・石川・富山の各県および新潟県西部の主要都市を経由して上越市の直江津駅に至る。米原駅では東海道本線、直江津駅では信越本線に接続している。東日本旅客鉄道(JR東日本)の信越本線・羽越本線・奥羽本線とともに、日本海に沿って近畿と北陸・東北とを結ぶ日本海縦貫線の一部を構成している。京阪神・名古屋の各都市圏から直通の特急列車、首都圏からの上越新幹線に接続する特急列車が数多く運転され、JR貨物による貨物列車の往来も多い。全線電化完成後は直流区間と交流区間に電化方式が分かれており、このため当路線を通行する電車や機関車は両方の電源に対応した交直流車両が用いられてきている。しかし米原側では国鉄分割民営化後に直流電化の区間が延伸され、現在では京阪神地区の東海道本線や湖西線を走る直流電車が敦賀駅まで乗り入れるようになった。JR西日本発足後、米原駅 - 長浜駅間は東海道本線の米原駅 - 京都駅間とともに「琵琶湖線」の愛称が付けられ、1999年より米原駅 - 近江塩津駅間が旅客営業規則の定める「大阪近郊区間」に編入された。大阪近郊区間内ではIC乗車カード「ICOCA」の利用エリアとなっている。現在、当路線に並行して北陸新幹線が計画・建設中となっており、同新幹線開業に伴い、並行在来線となる北陸本線の区間はJR西日本から経営分離される予定となっている。路線データ管轄・路線距離(営業キロ):全長356.5km(支線含む) 西日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者)・日本貨物鉄道(第二種鉄道事業者): 米原駅 - 直江津駅間 353.8km日本貨物鉄道(第一種鉄道事業者): 敦賀駅 - 敦賀港駅間 2.7km (運行停止中)軌間:1067mm駅数: 旅客駅:78(起終点駅含む)貨物駅:4(旅客併設駅除く)複線区間:貨物支線の敦賀駅 - 敦賀港駅間を除きすべて複線電化区間:貨物支線の敦賀駅 - 敦賀港駅間を除きすべて電化 米原駅 - 敦賀駅間、糸魚川駅 - 直江津駅間 直流1500V敦賀駅 - 糸魚川駅間 交流20

<消費者金融強盗>元組員2人に逮捕状…三重県警(毎日新聞)
再度「自白」のテープ再生=取り調べた元検事出廷へ−足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
<事業仕分け第2弾>「内部告発」を募集…枝野担当相(毎日新聞)
「サンラ・ワールド」元役員の増田氏 カナダ大使館で説明会 信用性利用し出資募る?(産経新聞)
千葉大生殺害 竪山容疑者を送検(毎日新聞)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-03-02 02:16