<新橋演舞場>櫓のお披露目式 歌舞伎座建て替えで 東京(毎日新聞)

 歌舞伎座(東京都中央区)の建て替えに伴い、歌舞伎興行の本拠地となる新橋演舞場(同)で4日、櫓(やぐら)のお披露目セレモニーが行われた。「五月花形歌舞伎」(4〜28日)に出演する市川染五郎さんらが立ち会い、「(新しい歌舞伎座ができるまでの)3年間は演舞場で歌舞伎を上演します」とアピールした。

 櫓は江戸時代、幕府に興行を許された芝居小屋の証し。歌舞伎座にも閉場まで据えられていた。演舞場の正面玄関の屋根に立てられた櫓は、たて、横、高さがそれぞれ約2.7メートル。2本の梵天(ぼんてん)と5本の槍(やり)が飾られ、座紋「雪月花」を染め抜いた青い幕が張られている。

【関連ニュース】
春の褒章:格調高い女形…歌舞伎俳優の中村時蔵さん
歌舞伎座:200人「手締式」で締めくくり
歌舞伎座:御名残四月大歌舞伎が千秋楽 30日には閉場式
歌舞伎座:最終公演「御名残四月大歌舞伎」始まる
市川海老蔵:麻央との同居は「うん」父・団十郎との同役に意欲「新橋演舞場 五月花形歌舞伎」発表

小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
「医療の場であってはならない」=患者撮影、真岡病院が謝罪(時事通信)
政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-05-11 14:09