壮観! 陸自ヘリ団がアクアライン上空で編隊飛行(産経新聞)

 陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市吾妻)で、恒例の年頭編隊飛行訓練が行われた。

 第1ヘリコプター団の団員約70人が、指揮官機を含む18機のヘリコプターなどに乗り込み、6個編隊となって出発。一糸乱れぬ隊列で巡回し、日ごろの厳しい訓練の成果を披露した。

 約45分間の訓練では、富津岬沖から東京湾アクアライン「海ほたるパーキングエリア」上空などを飛行した。

 司令官の宮島俊信陸将は訓示で、国際情勢が不透明であることを指摘し、「平素より各種事態に即応しうる態勢を整備し、国民の期待に応えていかなければならない」と述べた。

【関連記事】
陸自第一空挺団降下訓練 千葉・習志野演習場
小松基地で飛行訓練を再開 F15立ち往生後初
仕分けで注目「りっくんランド」人気急上昇
【世界写真紀行】ユンカースで遊覧 ベルリンが誇る伝説の航空機復活
【航空ファン必見】さらば愛しの“ジャンボ” 沖縄の空で最後の雄姿 タッチ&ゴーも披露

<センター試験>今年も地元志向「就職を意識」(毎日新聞)
<自民党>青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
「闘って」発言、問題ない=官房長官−菅氏も擁護(時事通信)
「児童」受給者は申請免除=子ども手当で−厚労省(時事通信)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-01-23 20:41