<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 【小沢氏秘書 第2回公判】(5)

 《西松建設の元総務部長兼経営企画部長が、「新政治研究会」(新政研)などを通じて行われた献金について詳細を知らなかったことについて、弁護人は厳しく質問していく。新政研などがダミー団体ではなく、西松とは別の実体のある団体と強調したいようだ》

  [表で見る]岩手・秋田が突出230億円 西松建設が受注した公共工事

 弁護人「それは他人(ひと)の金だったから?」

 証人「まあ…」

 弁護人「他人の懐までは、分からないと言っていましたが、(新政研など)政治団体の収支までは知らないと言うことですか。西松のカネがいくらでどれくらい流れていたか、知らなかったんですか」

 証人「だいたい把握はしていたが、自分の仕事に没頭していました」

 《証人は西松建設の当時の人事部長から、聞いて「だいたい把握していた」という。弁護側は、その点を何度も質問するが、明確な答えはない》

 弁護人「お金の話だから聞きますが、なぜ人事部長に(西松から2団体への資金の流れを)おたずねになったのですか?」

 証人「会員が成績優秀者ということで…」

 《結局、人事部長がなぜ詳しい資金の流れを知っていたかは、はっきりしない》

 弁護人「話を変えましょう」

 《時折、傍聴席の方にも目をやりながら、大きな身振りを交えて語っていた弁護人。大きく息を吸ってから、質問を切り出した。証人が「西松建設の上司と献金を行っていた」と説明した点を、尋ねていく。》

 弁護人「検察の尋問の中で、あなたが『上と調整して』という表現がありましたが、どの程度の記憶でおっしゃっていたのですか? あいまいなのですか。しっかりしたものなのですか?」

 証人「私の独断でやるわけにはいかないのです。上や周りに(聞いて)というのはサラリーマンとして当たり前。この件だけでなく、全部でやってますよね、サラリーマンは」

 弁護人「(献金の)支払い状況を西松建設の人事は把握していたのですか」

 証人「支払い状況は分かりません。成績優秀者(で新政研などの会員となった社員)は把握していたと思います」

 弁護人「成績優秀者ではない人は会費払わないということ? 入会案内の中にそういうこと(が書いてある)なのですか?」

 《ここで検察官が立ち上がる》

 検察官「誘導尋問です。主尋問の繰り返しで、反対尋問になっていません」

 《登石郁朗裁判長らが顔を寄せ合って話し合っている。大久保隆規被告(48)は表情は変わらないが、時折下向くことも。証人は落ち着かない様子で、何度もコップの水に口を運ぶ。1分ほどたってから、裁判長が弁護人に質問の仕方を変えるよう促す》

 裁判長「関連があるのは分かりますが、質問の仕方を分かりやすく変えてください。では、質問し直してください」

 弁護人「新政研と未来研の入会案内をごらんになったことがありますか?」

 証人「会ができたときに、会員になれと言われ、入会申し込み書を書きました」

 弁護人「先ほどの話で(入会するのは)成績優秀者に限るとおっしゃったように理解しているのですが」

 証人「限るとか、限らないとかより、ウエルカムだと思いますが…。新政研代表がそういう人を勧誘していた。それ以上は分からない」

 弁護人「新政研代表が決めたのであって、会社が決めたのではない?」

 《ここで、また検察官が立ち上がり、「誘導尋問です」と異議を申し出る。裁判長が弁護人に質問のやり直しを命じる》

 弁護人「なぜ成績優秀者を?」

 証人「賞与が高かったので払うべきだろう、と」

 弁護人「賞与が高いのと会員というのは関連している?」

 証人「関連があったかはわかりません」

 弁護人「もう一度質問します。賞与が高い人が会員に、というのは、新政研ら聞いたのですか」

 証人「誰からかは、もう古い話なので…」

 《質問に区切りがついたのか、弁護人は裁判長に休廷を提案。裁判官が協議の上で、午後1時半に再開することを告げた》

 =(6)へ続く

【関連記事】
「平成9年当時の献金窓口は樋高剛氏」 元秘書で現民主党衆院議員
小沢氏側に公金9億円 解党2党の残金“独占”
大久保被告の追起訴を検討、19年の4億円移動めぐり 陸山会不動産購入
石川議員聴取 小沢氏は土地疑惑説明を
小沢“金脈”どこまで迫れるか 石川知裕議員から事情聴取

森繁さん震災詩 書の作品に 教え子亡くした神戸の書家(毎日新聞)
<政府・民主党>通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢(毎日新聞)
有床診の発展には「制度的位置付けを」−日医検討委が報告書(医療介護CBニュース)
内閣官房、人事一新検討=組織見直しも−平野官房長官(時事通信)
東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-01-19 02:01
 14日午後1時ごろ、東京都新宿区西新宿の路上で、蛇行運転を繰り返した乗用車が追跡していたパトカー2台に衝突した。けが人はいなかった。警視庁新宿署は公務執行妨害容疑で、運転していた東京都八王子市、自称会社員中村勝容疑者(37)を現行犯逮捕した。
 同署によると、中村容疑者は酒を飲んでおり、盗難車を運転していたという。 

【関連ニュース】
新成人2人、入場断られ暴れる=福井市職員に体当たり
責任能力など争点に=整理手続きが終了
加藤被告、一部否認へ=責任能力も争う方針
年末年始の交通死86人=過去2番目の少なさ
交通死5000人下回る=57年ぶり、昨年4914人-9年連続減・警察庁

橋下知事「首長や議員と新しい政治グループ」 数人が賛同(産経新聞)
宝恵かご行列、ミナミ出発! 今宮戎神社の「十日戎」(産経新聞)
「霞が関」直接要望続ける、岡山県知事が強調(読売新聞)
小沢さん顧問の水戸管弦楽団「早い回復祈る」(読売新聞)
「国際貢献に努力」=部隊指揮官、北沢防衛相に−インド洋給油(時事通信)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-01-16 20:01
 JR東日本やホンダなど大企業のホームページ(HP)が次々に被害にあった「ガンブラー・ウイルス」は、国内で少なくとも3500サイトで感染が確認されている。警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは、不正アクセス禁止法違反容疑で捜査を始めた。専門家らからは「企業HPの管理用IDなどを盗み出して売りさばくのが目的では」との指摘もあがっている。

 ガンブラー・ウイルスによる被害は、ハッカーがウイルスなどを使って企業のHP管理用IDとパスワードを入手し、そのHPを改竄(かいざん)することから始まる。改竄されたHPは閲覧したユーザーを別の不正なHPに誘導し、さまざまなウイルスをパソコンに勝手にダウンロードさせてしまう。不正なHPが、ディスプレー上に表示されないのも特徴だ。

 セキュリティー会社「セキュアブレイン」(東京)によると、これまでに確認された同ウイルスの多くは、HP管理用IDとパスワードを外部に流出させるタイプ。感染者が別のHPの管理者の場合、連鎖的にウイルス被害を拡大させる。ウイルス対策ソフトを更新させないタイプなども確認されている。

 セキュリティー会社「カスペルスキーラブスジャパン」(同)は、国内で3500のHPで改竄を確認。JR東日本で約5万人、ホンダで約5千人、ハウス食品では約1万2千人に感染の可能性があるという。

 実は、ガンブラーの感染拡大は、今回で2度目。国内では一昨年11月ごろに確認され始めた。昨年5月に流行のピークを迎えたが、ウイルスをダウンロードさせるHPを閉鎖させたことなどから一時沈静化。そして昨年11月以降、再び感染が広がった。

 再拡大した原因について、経済産業省所管の独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」などは複数回にわたり別のHPへ誘導していることや、改竄手法の複雑化を挙げる。

 昨年12月18日から19日にかけてHP改竄が確認されたホンダは「HPの一部を制作した外部のパソコンが、同ウイルスに感染したことによりHP管理用パスワードが流出し、改竄されたようだ」と話す。

 カスペルスキーは「以前の愉快犯的な犯行と違い、金銭目的。犯罪集団化の傾向があり、ウイルスを制作する係、ウイルスを使ってIDを盗む係、IDを換金する係など分業化も進んでいる」と指摘。IPAでは「不正なHPからダウンロードされるウイルスは今後、個人の銀行のパスワードを盗むような、より悪質なものに変わる可能性もある」と警鐘を鳴らす。感染防止策についてIPAは「ウイルス対策ソフトだけでなく、パソコンソフトをすべて最新のものにすることが第一」としている。

【関連記事】
ヤフーもガンブラー感染? 占いサイト改竄
アメーバのブログパーツ、ガンブラー感染か 被害拡大の恐れ
ハウス食品もガンブラー感染 採用サイト閲覧1万2千人に拡大の恐れ
京王電鉄HPも改ざん被害 ウイルス「ガンブラー」
ウイルス「ガンブラー」“猛威” 企業HPの改竄相次ぐ

蓮田修吾郎さん死去=鋳金家、文化勲章受章者(時事通信)
<窓ガラス破損>2日間で70枚割られる 千葉・船橋の高校(毎日新聞)
女子高生に路上で体液 容疑の23歳逮捕 東京・大田区(産経新聞)
寛仁さまが転院(時事通信)
<雑記帳>不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-01-15 12:31
 三重県鈴鹿市のJA鈴鹿で09年3月、現金輸送車が襲われ2億円余が奪われた事件で、輸送方法を教えたとして強盗ほう助罪に問われた津市美杉町下之川、元日通津警送支店社員、伊藤良樹被告(37)に対する論告求刑公判が8日、津地裁(村田健二裁判長)であった。検察側は伊藤被告に懲役3年を求刑した。判決は1月18日。

 起訴状によると、伊藤被告は、強盗罪などで起訴された住所不定、元暴力団員、鳥山征児被告(36)から頼まれ、輸送方法などを教えたとされる。

 論告で検察側は「被告は積極的な情報提供は行っておらず、強盗による利得もない」と述べる一方、「被害は高額で社会的な影響は大きい」と主張した。

 弁護側は「輸送方法を教えた動機には鳥山被告と関係を絶とうとする酌むべき事情がある」と述べ、執行猶予付きの判決を求めた。【大野友嘉子】

e5ttkxi3のブログ
あつしのブログ
クレジットカード現金化 比較
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by izer4onau5 | 2010-01-14 01:57