埋め立てから20年以上放置した間に、500種以上の動植物や昆虫が生息するようになった北九州市若松区響町の産業廃棄物処分場跡地が22日、国内最大級のビオトープ「響灘ビオトープ」として仮オープンした。環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定するベッコウトンボなど貴重な動植物、昆虫もおり、市は今後観察道などを整備し、2012年春に正式オープンさせる。

 ビオトープは多様な生物が生息する空間。響灘ビオトープは広さ約48ヘクタールで、国内最大級とされてきた滋賀県長浜市の「早崎内湖ビオトープ」(17ヘクタール)の約3倍。

 市は80〜86年、産廃などを埋め立て、その後長年放置していた。ところがやがて凸凹の地形に湿地帯や淡水池、草原が自然に生まれた。市は2002年ごろ、変化に気付き、産業用地にする計画を見直し、ビオトープとして整備することにした。これまでにチュウヒやコアジサシなど鳥類237種類、植物284種類、トンボやメダカなど24種類を確認している。

 この日は初のエコツアーを開催。長男武君(10)と参加した同市八幡西区の会社員、村口良さん(40)は「産廃処分場だった土地がこれだけの自然に生まれ変わって驚いた。人の手が入っていない自然が楽しめた」と話していた。

 正式オープンまでは毎月1回のエコツアー時だけ開園。入場無料。問い合わせは、市環境モデル都市推進室(093・582・2239)。【佐藤敬一】

【関連ニュース】
伊賀の産廃最終処分場:公害調停申請 水質調査の井戸新設を 国が中間案 /三重
中津川の産廃施設建設:住民の会、許可撤回求め署名 3万1516人分、県に /岐阜
県境産廃問題:09年度までに対象の6割撤去 八戸地域対策協に報告 /青森
県境産廃問題:産廃の6割撤去、12年度で完了へ /岩手
中津川の産廃施設建設:市の主張に疑問 再考求める要請書で知事 /岐阜

クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)
クマに襲われ? 男性死亡=肩から胸に深い傷―北海道(時事通信)
乾燥大麻をネット販売、北海道の男2人逮捕(読売新聞)
首相「辺野古」表明、沖縄と社民は強く反発(読売新聞)
雑記帳 相続問題を落語で(毎日新聞)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-05-27 17:19
 後期高齢者医療制度に代わる新たな医療制度の在り方を議論する厚生労働省の「高齢者医療制度改革会議」(座長=岩村正彦・東大大学院法学政治学研究科教授)は5月17日、山崎泰彦・神奈川県立保健福祉大保健福祉学部教授ら5人からヒアリングを行った。

 山崎氏はヒアリングで、高齢者医療制度改革私案の概要などを説明。私案では、高齢者を「前期」(65歳以上75歳未満)と「後期」(75歳以上)に区分する現行制度を見直し、「65歳以上」を対象としている。また、年齢構成や所得水準に着目したリスク構造調整の仕組みも提言した。
 国民健康保険の広域化について山崎氏は、「軸足を市町村に置いた上で広域化の努力を一層してほしい」と述べた。また、合意が得られたところから順次、保険者の都道府県単位化を可能にするとの提案をする一方、その場合には「地域の努力が反映されるよう、分権的な運営を行うことが望ましい」と強調した。

 岩村座長は5人の有識者の意見を受け、▽自治体や健康保険組合などに対して、保健活動などに取り組むようなインセンティブを持たせるべき▽所得面、リスク面での調整が必要▽調整し切れない部分については、最終的には国費で調整することが必要―などの点が大筋で一致しているなどと指摘した。

 6月23日に開く次回会合では、ヒアリングでの意見も踏まえながら総括的な議論を行う。7月には「中間取りまとめ」のたたき台を示し、8月以降に中間取りまとめを行う。

■8月に地方公聴会
 厚労省は17日、同会議による中間取りまとめに先立ち、8月2日から10日にかけて全国4か所で地方公聴会を開く方針を明らかにした。

 地方公聴会は、2日の「アクロス福岡」(福岡市、定員900人)を皮切りに、▽4日、「楽楽楽ホール」(仙台市、600人)▽7日、「厚労省講堂」(東京都千代田区、100人)▽10日、「中央公会堂」(大阪市、1100人)-で開催する。

 同省によると、高齢者など国民の意見を聞きながら新制度を検討するのが目的。7日に厚労省内で開く公聴会は、グループごとに主な論点について討議する「グループ討議方式」で行われる。

 また、年末の最終取りまとめに向けた地方公聴会も開催。10月1日に「ウィルホール」(名古屋市、800人)、2日に「中国新聞ホール」(広島市、600人)、5日に「新宿文化センター」(東京都新宿区、1800人)で開く。


【関連記事】
財政試算示すも「持続性」に不安の声−高齢者医療制度改革会議
高齢者医療制度への公費負担拡充などを要望−健保連など4団体
国民への意識調査、第1弾を5月に実施−高齢者医療制度改革で厚労省
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委
市町村国保の保険料収納率が過去最低に―厚労省

箱根駅伝の難所、京急・蒲田踏切上り線高架化(読売新聞)
<環境教育セミナー>「生物文化多様性とアニミズム」テーマに 6月5日開催(毎日新聞)
夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)
<囲碁>羽根、逆転勝ち 本因戦第1局(毎日新聞)
<鳩山首相>会食で蓮舫議員ら、選挙体制の確立を要請(毎日新聞)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-05-18 21:33
 歌舞伎座(東京都中央区)の建て替えに伴い、歌舞伎興行の本拠地となる新橋演舞場(同)で4日、櫓(やぐら)のお披露目セレモニーが行われた。「五月花形歌舞伎」(4〜28日)に出演する市川染五郎さんらが立ち会い、「(新しい歌舞伎座ができるまでの)3年間は演舞場で歌舞伎を上演します」とアピールした。

 櫓は江戸時代、幕府に興行を許された芝居小屋の証し。歌舞伎座にも閉場まで据えられていた。演舞場の正面玄関の屋根に立てられた櫓は、たて、横、高さがそれぞれ約2.7メートル。2本の梵天(ぼんてん)と5本の槍(やり)が飾られ、座紋「雪月花」を染め抜いた青い幕が張られている。

【関連ニュース】
春の褒章:格調高い女形…歌舞伎俳優の中村時蔵さん
歌舞伎座:200人「手締式」で締めくくり
歌舞伎座:御名残四月大歌舞伎が千秋楽 30日には閉場式
歌舞伎座:最終公演「御名残四月大歌舞伎」始まる
市川海老蔵:麻央との同居は「うん」父・団十郎との同役に意欲「新橋演舞場 五月花形歌舞伎」発表

小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
「医療の場であってはならない」=患者撮影、真岡病院が謝罪(時事通信)
政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
[PR]
by izer4onau5 | 2010-05-11 14:09